なんにもないわたし

なんにもない私による内容のないブログ

私も探してほしい食があるかも…

今、BSで再放送だと思うのですが…

「鴨川食堂」というドラマがやっていて見ているのですが。

 

ドラマの内容を軽く説明すると…

 

父と娘がさまざまな人たちの思い出の食を探すっていうストーリー。

だいぶざっくりしてますが…こんな感じです。

 

このあいだは「祖父と食べたナポリタン」というストーリーでした。
f:id:amokosan:20190617234922j:image

依頼人の女性が小さい時、祖父と食べたスパゲッティーの味を探してほしい。という依頼に親子は奮闘します。

結果…鉄板の上に卵をひいたナポリタンだったのですが…

 

このストーリーを見ていて、昔のことをふと思い出してしまいました。

私はナポリタンではありませんが…

私の思い出の食は「祖父と食べたプリンアラモード」です。

 

私は昔からじいちゃん子で毎日のようにじいちゃんと遊んだり、散歩に行ったりしてました。

超ーがつく程の人見知りだったので、唯一の友達でもあったじいちゃん。

そんなじいちゃんと散歩に行った時のこと。

たまたま見つけた喫茶店

いつもの散歩ではどこも寄り道はしないのに…その日は喫茶店に寄ることになりました。

そして、そこで食べたのがプリンアラモードでした。

本当に昔ながらのプリンアラモードだったと思います。

銀皿に、固めのプリンとアイスとホイップクリームがのって、フルーツがいくつかのってたかな~。

小さい私にとったら相当嬉しい代物だったと思います。

普通こういうものって親に食べさせてもらったりすると思うのですが…我が家は外食に対してすごく厳しくたとえ外食に行ったとしてもデザートまで頼むなんてもってのほかみたいな考えの両親でした。(特に父が…)

 

だから余計嬉しかった。

 

でも…なぜだか味とかは覚えてないんですよね。

確かに食べたと思うんですが…

茶店に行ったのも、プリンアラモードを注文してもらったのも覚えてるのに…

なぜかな?

きっと食べきれなくて、残りはじいちゃんが食べたんだろうな。

ってか、そもそも超甘党のじいちゃんが自分で食べたくて、私をダシにプリンアラモードを注文したのかもしれない。

そういうじいちゃんですから…笑

 

じいちゃんは私が大きくなっても何かの時にプリンアラモードやパフェを見かけると…

昔一緒に食べたなぁ~って言っていました。

じいちゃんにとっても、あのプリンアラモードは思い出深かったんだな~っと思います。

 

その時入った喫茶店も今ではなくなってしまって、じいちゃんも亡くなってしまったんですが…

もしもう一度あのプリンアラモードが食べられるなら食べてみたいなぁ~。

味、覚えてないから無理か(=_=)

 

みなさんももう一度食べたい思い出の食はありますか?